進学の名門 進学塾の育志館 木津川市・京田辺市

「学力再生」のプロローグ。〜キーワードは"こころざし教育"〜 お問合せ 0774-75-2877 まずはお気軽にお問合せ下さい。

保護者の声

育志館で受験を経験して

白波瀬 陽介くんのお母様

陽介が「受験をする」と言い出したのは、五年の冬休みでした。将来何をしたいのかという話をしていたときに話に出たのが、水球でした。もともと幼少から水泳が大好きで習っていて、又、球技も好きだった事も重なって、インターネットで水球を検索した陽介はそこから何かを感じたようです。すぐさま、水球のある大谷中学校を志望校に選び、受験を決めたようです。学校の授業が分かるようにと塾に行きはじめたので、いまからプログレスコースにかわって果たしてついていけるのかと正直不安でした。でも、その不安を光田先生や岸本先生が吹き飛ばして下さいました。何度となく不合格で再テストとなる時も、親切丁寧に分かるまで教えて下さったり、授業のない日や授業外の時間でも、いやな顔一つしないで一緒につき合って下さいました。途中、陽介自身の学力も上がらず、毎日の勉強のリズムもつかめず、いらいらすることもありました。でもそんな時、先生方が自分の為に苦手な所を特別にプリントにして作って下さったりしました。そんな先生方の思いやりが、がんばろうという気持ちにさせたようです。初めての受験で不安な私達親の相談にも親身になってアドバイスを下さり、本当に心強かったです。入試一ヶ月前には、「もうこれ以上できないという気でくいのないようにがんばれ。」と言ってくださいました。その1ヶ月間というのは、私が今までに見たことがないくらい真剣にがんばっていたと思います。何よりも、目標とする水球をしたいという思いと先生方の応援や励ましがあったからこそ今回の合格につながったと深く感謝しております。そして同じ合格を目指す塾の仲間とこの一年間、育志館で受験の為に過ごした時間は、これからの陽介にとってとても大切な思い出になったようです。
育志館に通い、先生方にご指導頂き、仲間と共に勉強して本当に良い経験をさせて頂きました。ありがとうございました。

受験までの日々を振り返って

西村 成賀くんのお母様

この一年を振り返って改めて感じるのは、息子が精神的に強くなり成長したということです。中学受験を本気で考え始めた五年の終わりに転塾を決意し、育志館でお世話になって10ヶ月余り。息子の「光田先生に習いたい」という一言を信じ育志館に移ってきて本当に良かったと思っています。
育志館の先生方は、授業をしながら生徒一人一人の能力を見極め、できないところまで遡って徹底的に指導して下さいました。模試を受けても最初の計算問題すら完全に正解することができなかった息子が、計算だけでなく他の分野でも少しずつ点数が取れるようになりました。理解できるようになると楽しくなるのが勉強、自分に甘く、すぐに言い訳をして逃げ道ばかり探していた息子が、積極的に宿題をこなし、毎回ある確認テストのための勉強を必死にやっている姿を見て、先生方が勉強だけでなく「今やるべきことを全力でやることの大切さ」を教えてくださっているのだと感じました。
夏休みからは本当に勉強付けの毎日で、二学期に入ると授業時間も長くなり宿題も増えて、勉強というよりは睡眠不足との戦いでした。でもなぜか塾に行くのを嫌がりもせず、与えられた課題に取り組む姿は、むしろ楽しそうにも見えました。受験生特有のナーバスさもあまり表に出さず受験の日を迎え、そして志望校に合格できたのは、息子が受験に打ち克つ強い心を持てたからだと思います。
そしてそれは、勉強だけでなく、いつも優しく時には厳しく叱咤激励し、支え続けて下さった先生方のおかげだと本当に感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。
中学生になっても育志館で過ごした一年は息子にとって大きな自信となり、この先つまづいたり壁にぶち当たったりすることがあったとしても、必ず自分の力で乗り越えていってくれると確信しています。

江口 立樹くんのお父様

志望校に合格できたこと、光田先生をはじめ塾の先生方に、まずは感謝申し上げます。学校を選ぶにあたって、自分達ではあまりにも情報が乏しく、先生方の御意見や御教授、また何度も催して頂いた学校説明会のお陰で迷うことなく志望校を選定することが出来ました。家では気が散ることも多く、まだまだ勉強が足りないのではないかと心配になった事も何度かありましたが、塾で徹底的に勉強させてもらったことで、徐々に実力がついてきました。また、第一期生ということで、少人数の中で時には競い合い、時には励まし合い一緒に頑張る友達の存在が大きく、乗り越えられたのではないかと思います。

常深 翔太くんのお父様

もうあれから十ヶ月になるかと、当時のことを思い出しています。ちょうど育志館が州見台に開校した頃に勉強嫌いな家の息子も「来年は受験したい」と突然言い出しました。幼い妹にもまだ手がかかることもあり、あまり遠くの塾には行かせたくなかったのです。そこへ、以前より親しくさせて頂いていた育志館の算数講師の前田先生から良いお話を頂きました。こんな風にして家の子の受験勉強がスタートしました。
息子も最初は塾の友達とうまくやっていけるかどうかと心配していましたが、さすがに子供同士です、あっという間に打ち解けて仲良くなったそうです。なによりも塾が楽しかったようです。病気で休んだことはありましたが、最後まで毎回喜んで通っていました。今回の勝因の一つは何よりクラスのチームワークの良さにあったのかもしれません。上手に御指導いただき、切磋琢磨しながら其々の目標を達成してくれたようです。
しかし、息子の場合は十ヶ月という短期間でしたので、中学受験の膨大な試験範囲をカバーするには容易なことではありませんでした。それでも効率よく指導して頂いたためか、何とか第二志望には合格することができました。これはひとえに経験豊富な光田先生のご指導によるものであると大変に感謝しております。
とにかく私どもにとって育志館はとてもすばらしかったのです。特に夜遅くまで御指導して頂き、お正月や祝日までも講義して頂いているのも拘らず、とても受講料が安かったことです。そして、近くに塾があると忘れ物をしたり、何か用事があってもすぐに行けました。子供にとっても通学が楽な様子でした。
最後になりましたが、光田先生の懇切丁寧な進路指導にも感銘しました。たくさんの優秀な教え子を育てられた経験から、いつも適切なアドバイスを頂き導いてくださいました。これからも州見台の地で多くの子どもたちの夢が実現しますように。

育志館との出会いに感謝して

内野礼子

中2の5月からお友達の紹介で育志館に通わせて頂きました。通い始めてしばらくはまだ、中2という甘さもあったのか学校の部活動で疲れてしまい宿題も出来ず、勉強との両立が難しかったようです。「塾でもついていけてないのではないか」と心配していましたが、「なぜ勉強するのか」「どの様に勉強すればいいのか」等、指導して頂く通りにしていけば、自然と成績アップという結果に繋がりました。
定期テスト対策も3週間前から始まり、当日の早朝対策もあり、とても充実し時間を掛けて勉強に取り組んでいました。
志望校は本人の行きたいところにと考えてはいましたが、学校の内申点や模擬テストの結果が上がると選択肢が広がり、それまで到底、無理だと諦めていた学校が、目標とする「絶対に行きたい志望校」と考えることが出来る様になりました。
中3の夏休みには、「親子学習会」で親子共に漠然とした受験が、様々な資料や先生のお話から具体的になり、もう時間の無い事を思い知らされ受験生としてのやるべきことがわかりました。
この頃から本人の勉強に取り組む姿勢が変わっていきました。勉強のことは、しっかりした理念に基づいた、経験豊かな育志館の先生方を信頼し、おまかせしていました。子供が自ら気付き勉強するようになると、今までの親の「勉強しなさい。」は意味の無い言葉だったと思える様になりました。そして親として気になる授業料も決して高くなく、内容や成果を考えるとむしろ良心的だったと感じています。
育志館での学びで仲間の皆さんと共に子供の持っている力を引き出し、伸ばして頂き、志望校に合格する事が出来ました。
育志館との出会い、そしてご指導頂いた先生方、健康で共に受験を乗り切った仲間の皆さんに心から感謝しています。

今の私たちを支えている育志館

卒塾生の神宮司さん、西井さん

私たちは、中学生の時に育志館で学んだこと、本当に良かったと実感しています。育志館の先生方が作ってくださるプリント類はとても分かりやすく、学校での授業、定期テスト前、そして入試では本当に役に立ち、先生方のすごさを改めて感じました。当然のことながら、先生方の言う通り勉強を進めていくと、あっという間に成績は上がりました。入塾前は見たことがないような点数・評価をもらえるようになっていました。そんなに苦労したという感覚なしに志望校のレベルまで着々と実力をつけていくことができました。
中学3年生の夏には、「キミたちは今日から中3は卒業、受験生になれ」と、受験生宣言をし、本格的な入試勉強が始まりました。模試の成績がみるみる上がっていったのが嬉しかったことを覚えています。
そして、冬休み、受験生みんなで志望校を巡り、モチベーションを上げ、親や先生方や仲間からの励ましのメッセージが入った世界に一つしかないお守りを作りました。「チーム育志館で、受験に勝つ!」、塾長の熱き言葉が今も耳に残っています。

勉強においては厳しかったですが、本当に温かい、愛ある塾でした。私たちはこの春、大学生になります。今の私たちを支えているものの一つに、確実に育志館の存在があります。これからも頑張れます!!

こんなにも頑張れる場所、他にありません

卒塾生の西村くん、天津くん

僕たちが育志館に入塾してから心がけていた勉強法は、平日は塾や学校の授業の復習をし、休日には演習問題をガンガン解くというものです。その問題は育志館の先生方が選び抜いた問題集です。そのため効率よく受験勉強を進めることができたと感じています。入試勉強を始めてスランプの時もありましたが、このスタイルを崩さず学習を進めました。一番大切だと思っていたことは、まったく勉強をしない日をなくし、リズムよく勉強することでした。この方法が持続できたのは、育志館の先生方がいつも寄り添って一緒に勉強できる時間をつくってくださったからです。土曜日も日曜日も、大晦日も正月も先生方は付き合ってくださいました。
また、学力を伸ばすことはもちろん、心のケアもしてくださいました。くじけそうな時、プレッシャーに負けそうになった時、」様々な局面で声をかけてくださったことにも感謝しています。こんなに頑張れる場所は他にはないと思っています。

後輩の皆さんも、毎日の努力の積み重ねと、育志館のサポートで、きっと自分の最適な進路が拓けるものと思いますよ。

アクセスマップ

アクセスマップ

Page Top